スキンケアしないスキンケア

婚活が評価される理由 > 肌ケア > スキンケアしないスキンケア

スキンケアしないスキンケア

何もしないスキンケアをはじめて3年くらいたちます。
肌断食や宇津木式、とも呼ばれるスキンケアで、洗顔後とにかく何もしない。乾燥したらワセリンを薄くぬるだけ、というものです。(洗顔はクレンジング剤などは使わず、石鹸かぬるま湯)

私も以前耳にした時は、化粧水もつけないなんて怖すぎる、と思っていました。
しかし、子供を産んで、風呂上りに化粧水をつけるのもままならない位忙しくて、「入浴後すぐに化粧水!そして保湿!」というのがなんだかプレッシャーのようになってきて、それならいっそ何もしないスキンケアをやってみよう、と思ったのがきっかけです。

産後ですので外出も少ないしいい機会でした。はじめて2~3日は、あれ?なんか大丈夫そうだな、と思いましたが、1週間すぎてどんどん肌が乾燥でガサガサ。特にあごには赤味とニキビまで、、ワセリンだけでは乾燥を防げません。

どうしよう、と思いましたが、この時期がすぎるのを少し待ってみることにしました。ちょうど花粉症シーズンだったので、出かけるときはマスクをつけてごまかしていました。

すると、1~2か月で症状は改善、美肌、とはいきませんがいままでと同じ位になりました。何もしてない時と人並みのスキンケアをしていた時と大差ないのなら、何もしないほうがいいです。

いままでいかにいろいろ手をかけてきたか、、高い化粧水や美容液、パックなど、それにかかるお金を時間を考えると、もう前のスキンケアに戻れません。手をかけてきたひとほどこの方法をはじめるとダメージが大きく挫折しやすいようです。私は数年前にこの方法を試してみて、今とても楽になったと感じているのでよかったと思っています。
http://www.beehivehead.com/kijilist01.html