なかなか良くならない手首の腱鞘炎

婚活が評価される理由 > 関節痛 > なかなか良くならない手首の腱鞘炎

なかなか良くならない手首の腱鞘炎

色々な関節痛がありますが。ここでは手首の腱鞘炎に関しての実体験をご紹介します。肉体系の仕事をしていた私は1個10キロもする車の燃料タンクの積み卸しを行っていました。リフトにぶら下がっている燃料ランクを卸すのにコツも分からず力に頼って行った結果、手首に負担がかかり腱鞘炎になりました。利き手の右手が腱鞘炎になったので色々と不便なことが多かったのを思い出します。一番不便なのは力が入らない事で力を入れようとすると激痛が走ると言うことでした。車の運転でハンドルを握った時にも振動で痛みが来るので病院に行きましが、とにかくアイシングでした。固定をして動かさないのが完治の近道らしいのですが、利き手の手首だと普段生活をする上でどうしても使ってしまうため治りが遅く、完全に完治するのに一年近くかかってしまいました。完治するまでの間、手首には湿布と包帯をしていましたが、動かせない訳ではないので仕事を変わってもらえるのでもなく、痛みが出ないように手首を手首を気にしながらの作業はとてもつらかったです。どうせなら折れた方が良かった、それなら職場の人も仕事に関してちゃんと考えてくれたのにと思っています。

ビタトレールEXPの評判・口コミ!効果、副作用、成分は?



関連記事

  1. ギムロットα
  2. なかなか良くならない手首の腱鞘炎